ISO9001 品質マネジメントシステム(QMS)

ISO規格の審査登録ならお任せください

ISO審査登録センターでは、各種セミナーや講演会、説明会を適宜開催しております。どうぞお気軽にご参加ください。

ISO 9001とは

ISO 9001とは、「より良い製品・サービス提供の実現」に取り組む国際的なマネジメント規定であり、1987年に制定・発行された要求事項規格です。
初版後、改訂が進み、現在、2015年版が最新となっています(2015年版はこちら)。我が国では同時に和訳され、JIS Q 9001として日本規格協会から発行されています。
ISO 9001は、顧客要求事項及び法令規制要求事項を満たし、顧客満足を向上させることを目的として、方針管理から、目標展開、継続的改善へとPDCAサイクルで運用するマネジメントの必須ツールとして普及しています。

ISO 9001認証取得のメリット

①世界に通用する国際的な品質保証体制が整備される。
②顧客満足の得られる品質保証体制の充実が図れる。
③全員参加による品質管理活動によって、品質方針の浸透と品質意識の改革ができる。
④標準類、品質記録の整備により仕事のやり方が改善される。
⑤誰にでもわかる仕事の仕組み、ルールができるので、決済、承認、指示、引継、検証が確実になる。
⑥業務の責任と権限が明確になり、曖昧さが除去される。
⑦業務の標準化が進み、改善活動がやりやすくなる。
⑧標準体制の確立、古い資料の削除、ダブり保管の減少等によって資料類の削減ができる。
⑨源流の問題点の顕在化により、設計、開発段階の品質保証体制が強化される。
⑩顧客が個々の制度で第二者監査を行っていたものが、第三者による審査登録により、品質監査が簡素化できる。

日科技連の審査の特長

日科技連では、審査の進め方、規格の解釈の仕方は一律ではなく、百社百様それぞれにあると思っています。組織ごとに柔軟に対応し、個別に評価する姿勢はもちろん、審査は時系列の中で進んでいることを踏まえて過去から現在に至る情報を活用する姿勢を持ち、審査を行っています。
さらに規格に基づいた審査から、組織のプロセス運用に基づいた審査、有効性を重視した審査へと組織のマネジメントシステム成熟度に合わせた審査を展開しています。