主な内容

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+                                            
+ 日本企業の情報セキュリティ対策 海外比較における弱い点とは?
+ ①人材が不足している                            
+ ②定期的なリスク評価がされていない                   
+ ③ガイドラインが使われていない                      
+ (※NRI Secure Insight Reportより引用)                 
+
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

情報セキュリティの問題は、日本においても世界においても、年々深刻さを
増している経営課題と言えます。

製造業においても、以前は、技術情報の海外流出が大きな問題となって
いましたが、最近ではランサムウェアによる攻撃、産業用制御システム(ICS)
のオープン化などに関わる新たな問題が発生しています。

日本企業は、海外企業と比較すると、情報セキュリティ対策が弱いと言われて
います。
その主要な弱点は、次の3つです。
●人材の不足
●定期的リスク評価の未実施
●マネジメントにおいてガイドラインを使っていない

これらの問題の解決策となるのが、ISMS(JIS Q 27001)規格とISMS認証制度です。

是非、この機会に情報セキュリティへの対策についてご理解をいただき、具体的な
対策を進めていただければ幸いです。

【参加対象者】

・製造業の経営層の方
・製造業の情報システム部門の方
・製造業の経営企画部門の方

【研修時間】

13:30~15:30

【プログラム】

● 日本企業の情報セキュリティ対策の弱点
● 製造業の情報セキュリティの状況
● ランサムウェア、産業用制御システム(ICS)の問題解決
● 解決策としてのISMSの有効性
● 質疑応答

会場

オンライン(Zoom)

定員

100名(1社につき2名様まで)

参加費

無料

講演者

一般財団法人日本科学技術連盟 ISO審査登録センター
情報セキュリティ審査室 技術顧問 村上 治 氏
(保有資格:システム監査、情報セキュリティ主任審査員、品質主任審査員)

注意事項

①定員になり次第、締め切らせていただきます。
②最少開催人数に達しない場合は、やむなく中止する場合がございます。
③申込時の自動返信および開催日の前日と当日のリマインドメールにて、Zoomの試聴用URLをお知らせいたします。
④配付資料は、参加者アンケートにご協力いただいた方に対し、後日提供させていただきます。
⑤視聴時の使用ブラウザはGoogle chromeを推奨いたします。

開催日時

「申込み」ボタンを押すと、各日程ごとのお申込みフォームに移動します。

日程 開催地 申込状況
2022年06月23日(木) オンライン(日科技連・西新宿本部よりZoom配信予定)
受付終了